January 11, 2017 admin

Indica Labs opens office in Tokyo to provide dedicated support to customers in Japan インディカ・ラボ社 国内拠点新設について

Tokyo, 9 January, 2017 – Indica Labs expanded its international presence again this month with the establishment of a new office in Tokyo, Japan and the recruitment of Hideya Makino to manage Japanese operations.  Mr. Makino has over 14 years of combined experience in the fields of microscopy, digital pathology and image analysis gained through his previous positions at Roche, Leica, Aperio, and Roper Technologies.

Indica Labs’ has been steadily growing its global business since 2012.  In addition to Tokyo, Indica Labs has representatives based in the United Kingdom and in the United States who provide dedicated support to customers in Europe and North America, respectively.

“Indica Labs is committed to providing superior service and support to all of our customers,” said Steven Hashagen, CEO of Indica Labs.  “In the last two years, the adoption of Indica Labs’ products in Asia, and especially in Japan, has risen dramatically.  Having local representatives [in Japan] who are dedicated to our products and who can respond to customers in a timely manner and in the local language is essential for providing top quality support to this growing customer base.  We are pleased to have Makino-san leading this effort on behalf of Indica Labs in Japan.”

Customers in Japan with sales and support inquires, can contact Indica Labs by phone (+81 (0)70 4180 7730) or email (hmakino@indicalab.com).

About Indica Labs, Inc.

Indica Labs is a leading provider of software for quantitative evaluation of digital pathology images.  Indica Lab’s HALO™ image analysis platform provides a unique combination of precision, performance, scalability, and usability which underpins a broad range of industry-leading, application-specific image analysis modules.  Pharmaceutical and medical research organizations worldwide utilize HALO to support tissue-based research programs in neuroscience, metabolism, oncology, toxicological pathology, and more.  For more information, please visit http://indicalab.com.

2017年1月9日

Indica Labs Inc.(本社・アメリカ、以下インディカ・ラボという)は今月から日本におけるカントリーマネージャーとして牧野英哉を採用し、東京に新たな拠点を設けることで、国際的なプレゼンスを継続的に拡大していきます。牧野はこれまでRoche、Leica、Aperio、Roper Technologiesといった前職で得られた計14年以上の経験をもとに、顕微鏡、デジタル病理学、画像解析の分野における実績を積み重ねてきました。
インディカ・ラボは2012年以来、着実にグローバルビジネスを展開しています。東京に加えて、これまで英国および米国に拠点を置き、既にヨーロッパおよび北米の顧客に向け専門的なサポートを提供しています。
インディカ・ラボのCEO、Steven Hashagenは次のように述べています。
「インディカ・ラボは、すべてのお客様に優れたサービスとサポートを提供することを約束しています。過去2年間、アジア、特に日本でのインディカ・ラボの製品の採用は劇的に増加しました。私たちの製品に特化し、タイムリーに、そして現地語で顧客に対応できる代表者の存在は、この成長する顧客基盤に最高品質のサポートを提供するために不可欠です。日本におけるIndica Labsを代表して牧野氏がこの取り組みを指揮してくれることを嬉しく思っています」
販売およびサポートに関するお問い合わせがある場合は、電話(070-4180-7730)または電子メール(hmakino@indicalab.com)でインディカ・ラボにご連絡ください。

<Indica Labs Inc.について>
Indica Labs Inc.は、デジタル病理画像の定量的評価のためのソフトウェアの大手プロバイダーです。 インディカ・ラボのHALO™画像解析プラットフォームは、業界をリードする幅広いアプリケーション特有の画像解析モジュールの基盤となる、精度、性能、スケーラビリティ、ユーザビリティの独自性の高い組み合わせを持つサービスをご提供いたします。世界中の医薬品および医療研究機関で、神経科学、代謝、腫瘍学、毒物学的病理学などの組織ベースの研究プログラムをサポートするためにHALOを利用しています。
詳細については、http://indicalab.com/ をご覧ください。

Supported File Formats:


  • – Non Proprietary (JPG, TIF)
  • – 3D Histech (MRXS)
  • – Aperio (SVS, AFI, eSlideManager)
  • – Hamamatsu (NDPI, NDPIS)
  • – Leica (SVS, SCN, LIF)
  • – Mikroscan (TIF)
  • – Nikon (ND2)
  • – Olympus (VSI)
  • – Perkin Elmer (QPTIFF, Vectra TIF)
  • – Philips IMS
  • – Zeiss (CZI)

Don’t see the format you’re looking for? Contact us to make a request

CLOSE
Thank you for signing-up. Please check your email for link to access webinar recording.